No.07


突然のお別れ



さてさて、今日も今日とて 平和な時間が流れる、ビンボー☆寝袋ハウスです。





当初は お金ができたら そっこー寝袋をベッドに買い替えようと思ってたんですが、
せっかくだし、もっと貯金して 家ごと引っ越そうかと検討中☆
Willow Creekで 1番豪華な、住宅街から ちょっと離れた、崖の上の豪邸に目をつけております・・・フフフ。


まあ、まだまだ 先の話なんですけどね(o^∇^o) でも、すっごく楽しみっ!
ジャンには がんばってもらわないと!




そんな感じで、いつもの日常を楽しむ シムたち。
特になんの問題もなく、お金も ちょっとずつだけど、確実に増えてきた――――― そんな、ある日。
“それ” は、突然やってきました。


・・・・・・・・いや、今 考えると、兆候は 少し前からあったのかもしれません。


私がいつものようにプレイしてると、なんだかやたらと ヘレンの笑い声が家の中に響きわたってたんですよね。
それも 「アッハッハッハ!!」 「ハーッハッハッハッ!!」 みたいな大声で、けっこーな時間 笑い続けてる。


最初は 「まーた誰かとギャグを言い合ってんのか? 仲良いんだからぁ」ヽ(´ー`)ノ
としか思ってなかった私も、さすがに これはおかしい、と感じはじめて・・・・


ヘレンに操作を切り替えてみる・・・・・・・・・・と・・・




??!?


えっ・・・・・・・
どうしたの? ・・・・・・・。 ヘレン・・・・?


・・・・と、今は雰囲気重視で 冷静に書き綴ったりしておりますが、じっさい プレイ中は


ちょっ・・ ちょっと、ちょっと、ちょっとぉ!! なにしてんの、ヘレン! あほかッ!!! (大爆笑)


・・・・みたいな反応になってましたことよ、わたくし( ̄v ̄;)
いやー、2人で めちゃめちゃ笑わせてもらいました。 「えっ? えっ?」 みたいな。
・・・・・・・・なんだか、冷静にふり返ってみると 自分がとてもヒドイ人間のような気がしてきた。
(´ _ ` υ) き、気のせいだよぅー


と、とにかく ビックリはしましたよッ!
だって 今朝まではみんなと ごはん食べて、笑ったりしてたんですよっ?
それが・・・ なんで突然・・・・


・・・ムードレットには 「笑いすぎて息ができない」 みたいなことが。
しかも、よくよく見てみると 全身 虎みたいな縞模様 が。





笑いすぎて突然死するようなことが 【4】 ではある、と聞いてはいたけど
えっ? これは、まさか・・・・


病気で笑い死に した、ってことっスかー?! 。゜゜(´□`。)°゜。エェェエエェェ?!!


そ、そんな・・・・・





突然の出来事にも あいかわらず、無反応のハウスメイトたち。
・・・無反応、てか そもそも気づいてもいないっぽい・・・・ ・・・?


なんだよー! ヘレンのコトにどんだけ無関心なんだよぅー!ヾ(*`Д´*)ノ
前に 宇宙人に誘拐 された時もシカト決め込んでたし、この薄情者ォォォ!! と、思ってたら。





・・・・・ジャック。
う○こして、もどってくる途中に たまたま倒れているヘレンに気づいて 1人で泣いています・・・。





なぜか、内股で。 ・・・なんでじゃ!
しかし、悲しいのは本当みたいで 己の恰好にかまいもせず、泣き続けています・・・。
ううう・・・(´⌒`。)


このまま、ジャックにだけ看取られて、ヘレンとは お別れなのか? ・・・・ロードか?
などと考えていると、突然 玄関のドアが ガチャっと。
ん?!!





突然の訪問者。 それは・・・・





どっからどー見ても 死神 ・・・・・!


・・・やはり、本当にヘレンは死んでしまったようで 冥界からのお迎えがきてしまいました。・゚・(つД`)・゚・ ウワァァァン
けっこーまめに 「緑茶」 飲ましてたんだけどなー。
緑茶 飲んでるだけじゃ、病気の予防になるだけで 100%、防げるわけじゃないのか・・・。





ロードし直す前に、死神は なにをするんだろ?と思って、観察することに。
や、だって こんな機会めったにないし(ノ≧ڡ≦)テヘペロ


死神には どんなことができるんだろー? どれどれ・・・・ と、コマンドチェックしたプレイヤー。
気づいてしまいましたよっ。
「生き返らせるように頼む」 という、コマンドの存在にっ!!


こ、これは・・・・・っ!
さっそく 今、現在 唯一ヘレンの死を認識している ジャックに頼んでくれるように 指示っ!! ポチッ!
・・・・・・・





・・・・・・・・・。
ジャック・・・。 指示した瞬間、顔をあげて なぜか ニヤニヤ。
これは・・・・・アレか? 
うまくいけば、ヘレンが死なずにすむ・・・!という、喜びの表情・・・・ なのか??
にしたって、なーんか 嫌な笑顔だなー( ̄_ ̄;)


こやつは 「正気でない」 特質の持ち主なんで、日頃から ちと、おかしいんですよね~。
シシィと同じく 1人でしゃべってたり、自分のワキの匂い嗅いで 「シャーッ!」 とか言ってたり。
この笑顔も 軽くトリップしてるように見えてしまうのは 仕方ないとして・・・・。


ヘレンの死は、本当に悲しいみたいで ちゃんと死神にお願いしてくれました。
ふぃー、ニヤニヤしてるだけだったら どーしよーかと。゜( ̄_ ̄A)





今にも ヘレンの魂を送ろうとしている死神に 両膝を床について、必死の形相で とにかく頼み込んでみます。
死神も、ジャックの主張を 真剣に聞いてくれている様子。
おお? これは、もしかするともしかして・・・・!


・・・・と、それはいいのですが ここにも1人、正気でない野郎が・・・・・





・・・いまだに ヘレンの死に気づかず、そもそも 死神の存在にも ジャックの様子がおかしいのも
まっっっ、たく 意に介さず ドヤ顔で


本を読もうとしてやがる・・・!


ジョン・・・・!! こんな時に なにやってんだ、この野郎・・・っ!
しかも 「器用さスキル上げ」 の本を自主的に読もうとしてやがる・・・!!
なぜ!? なぜ、このタイミングでスキル上げ!? もうッ!ヾ(*`Д´*)ノ





・・・あぁッ!! ジャックが また、ニヤニヤしとる・・・!


なんなんだ、死神への懇願は無事におわったのか? おわったからこその、笑顔なのかっ?
しっかし、本当に嫌な笑顔だな・・・
なんか・・・・狂気すら感じさせる。 怖いッ!!!


しかし・・・・・・ そんな 『狂王』 ジャックも、この男には勝てなかった・・・・!





視界のすみに入る ヘレンの死体 は完全スルーで、すぐ近くのソファで 本を読みはじめた、この男には・・・!
こ、怖い・・・・・ッ! 怖さレベルが 別次元だよ・・・・・ッ・・・!!!


ちなみに ジョンは 「正気でない」 特質は持っていないでっす。
・・・・バカな・・・・!!




  


シム日記


 SSをクリックで 特大サイズで
 その写真を見ることができますー。

 実際のゲーム画面のサイズでっす。
 ビッグサイズ!



  もどる

シムMEMO


 プレイ日記中、あれ?このシム誰だっけ?
 な場合は こちら をどぞ!


◇◇
   
Copyright © CC.カラフル All Rights Reserved.